ヨーロッパ出張日記②

ミラノに到着しました。

日本ではまだ肌寒い気候が続いていると聞きましたが、こちらでは昼間は25℃前後の夏日が続いております。

たくさん歩き回っているとついつい欲してしまうのが、こちら。
ブログ②01.jpg

イタリアに来たのならジェラートは欠かせません。甘いものは疲れを癒してくれる...と信じています。


ミラノサローネは、郊外の非常に大きな展示会場と、市内各地の会場の二つから構成されており、新作の発表は主に大きな展示会場で行われます。
ブログ②02.jpg

商品のみならず、各社展示方法に様々な趣向を凝らすところが楽しみでもあります。

今年のCassinaブースは、LCシリーズの復刻50周年を記念した特別インスタレーションとなっており、家具の展示スペース以外に、ル・コルビュジエのドキュメンタリー映像を放映するシアターも併設しています。

ブログ②03.jpg


このサローネでは、LC50周年のプロジェクトのひとつとして、ある限定コレクションが発表されました。

ル・コルビュジエが両親のためにスイスのレマン湖畔に建てた家があり、その庭に植えられていた木が病気のため伐採せざるを得なくなったのですが、その木を使ってハイメ・アジョンが限定アイテムをデザインしたのです。

ブログ②04.jpg

この木がなくなることによって悲しむのは、鳥たちやその周りで遊ぶ子供たち。そういったことを考えながらデザインされたそうです。このほかにもピエロ・リッソーニのソファや、イ・マエストリコレクションに加わったマルコ・ザヌーゾのチェア、マラルンガソファのカバリングタイプなど、たくさんの新作が発表されました。

ブログ②05.jpg

イタリアで発表されたものが日本に入ってくるのはしばらく先になりますが、追々ご紹介してまいりますので、楽しみにお待ちいただければと思います。



つづく。


マーケティング部 K.M