你好(ネイホウ)!

東京は梅雨の中休みといった具合で今日も日差しが照りつけておりますが、

明日から週末にかけてまた梅雨らしいお天気が戻ってきそうですね。

どんよりとした曇り空が続くと、なんだか気分まで落ち込んでしまいます。

ジメジメした嫌な気分を一掃すべく、先日、活気あるアジアにショートトリップに行ってまいりました。

IMG_1210.JPGIMG_1253.JPG

東京から飛行機で約4時間、100万ドルの夜景"香港"と、世界遺産とカジノの街"マカオ"です!



香港と言えば、飲茶や広東料理などももちろん楽しみのひとつですが、

英国統治時代の文化をひきつぐ「アフタヌーンティー」も大変人気があります。

中でもペニンシュラホテルは建物の雰囲気から圧巻で、

このロビーラウンジで過ごす時間が何より素敵な体験に感じられます。

IMG_1226.JPGIMG_1182.JPG

と、あたかもこちらでいただいたかのようにご紹介いたしましたが、

今回敢えて「香港らしいアフタヌーンティー」を、ということで

チャイニーズスタイルでいただける、インターコンチネンタルホテルに行ってまいりました。

IMG_1193.JPGFullSizeRender.jpg

ご覧のとおり、素晴らしい立地にあるインターコンチネンタルホテルでは、

海を挟んだ香港島を望むハーバービューがダイナミックに目に飛び込んできます。

そんな中いただくチャイニーズスタイルのアフタヌーンティーは、

アワビやエビの飲茶(1段目)から始まり、甘くない、お食事代わりにもいただけるメニューでした。

もちろん、お茶も中国茶をセレクト。

初日から目的を果たし最高な旅の始まりとなりました。



翌日は、高速フェリーで約1時間、日帰りも可能な距離のマカオへ。

IMG_1248.JPGIMG_1264.JPG

セナド広場や聖ポール天主堂跡など、

歩いて回れる距離に世界遺産がギュッと集まっています。その数30か所。

IMG_1255.JPGIMG_1302.JPGIMG_1257.JPG

そのほか至る所にヨーロッパの香りが漂う建物が見られ、

そうかと思えば香港映画に出てきそうな古くてごちゃっとした街並みが隣り合わせになっていたり、

文化のMIXスタイルが街独特の雰囲気を作り上げていました。

IMG_1233.JPGIMG_1328.JPG

香港に戻ってからは、オープントップバスでエネルギッシュな香港の街並みを堪能し、

チムサーチョイにある夜景がきれいな18Fのテラスバーで至福のひと時。



香港へは羽田から深夜便も出ているため、週末弾丸ツアーなども人気があるようですね。

今は雨季でスコールのような雨が降ることが多く、

バスのガイドさんおすすめの季節は11月だそうです。

皆様も是非、アジアのおいしい食べ物やエネルギーを五感で吸収しに訪れてみてください。