集まれ、石ガール


春の訪れというと、段々と暖かくなり、パステルカラーのお花などが目に浮かび、

不思議と心がウキウキしてきます。


青山本店にも一足早く春が訪れており、

トレンドのコーラルカラーを中心とした明るいトーンの雑貨を入荷いたしました。

今季のテーマは「Living Surfaces」。

ランドスケープや自然素材の表層のモチーフ、フォルムに着目し、アイテムをセレクトしています。

FullSizeRender (2).jpg IMG_3049.JPG

中でも今回初めて導入した「Jamie Dietrich(ジェイミー・ディートリヒ)」のオブジェは注目のアイテムです。

南カリフォルニアで生まれ育った彼女は、カリフォルニアの多様性や歴史、

ビーチリビングカルチャーをインスピレーションソースとしており、

シェルやサンゴ、鉱石など、自然のものを活かしたユニークなコレクションを展開しています。

IMG_3081.JPG IMG_3082.JPG 

ところで最近、「石ガール」「鉱物女子」と呼ばれる人々がいることをご存じでしょうか?

鉱物を愛し、愛でる女子を指すそうですが、

このブルージオード(昌洞石)やクリスタルを使ったオブジェなど

まさに石の魅力溢れるインテリアオブジェとしてお薦めのアイテムです。

IMG_3084.JPG

岩石中にできた空洞の内部が結晶などに覆われており、

その断面が一つ一つ異なる様は、自然のものの魅力でもあります。

ディープブルーはインテリアの挿し色にもなりますし、

石初心者でも気軽に楽しめますね。



是非店頭でご覧ください。