世界で最も住みやすい都市

「世界一住みやすい都市」がどこだか、皆さんご存知でしょうか?

英誌・エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた

「世界で最も住みやすい都市」ランキングで、オーストラリアのメルボルンが6年連続1位となりました。

安定性、医療、文化・環境、教育、インフラなどの項目から「住みやすさ」を数値化しているそうですが、

先日実際にメルボルンを訪れてみて、それ以上の豊かな暮らしを垣間見れた気がします。

IMG_7084.JPG

メルボルンに住まう人々は「生活の質」にとてもこだわりがあるように思いました。

朝が早く、夕方早く仕事を終えます。

一般的なカフェは、6:00~7:00頃から営業し、多くの人でにぎわっています。

朝からビジネスミーティングを行う姿もちらほら。

また、その分16:00~17:00には終了してしまうので、

16時頃お茶をしようと思うと入店を断られたりなんてことも・・・。

IMG_7083.JPG IMG_7248.JPG IMG_7571.JPG IMG_7636.JPG

おしゃれなカフェが、そこらじゅうにあります。某チェーン店を見つけるのが難しいくらいです。

「食」全般にこだわりのある街なのですが、特にコーヒーは世界中のバリスタが修行にいくほど。

カフェも1店1店こだわりの内装で、空間にいるだけで楽しくなってしまいます。

その上コーヒーも食事も最高に美味しいものばかり!

IMG_7250.JPG IMG_7568.JPG IMG_7317.JPG

レストランもしかりです。

現在向こうは夏なので日が長く外が明るいのですが、

基本的に照明は暗く、大変ムーディーな空間に素敵なインテリア、そして美味しい食事が堪能できます。

IMG_7179.JPG IMG_7387.JPG IMG_7295.JPG

IMG_7182.JPG IMG_7287.JPG IMG_7390.JPG

さまざまな人種の人々が暮らしているので、

食事もオージー、ブリティッシュ、中華、東南アジア、ジャパニーズ、など、バリエーション豊かです。




また、観光地としては見る箇所が決して多くないメルボルンですが、

「死ぬまでに訪れたい、美しすぎる図書館」として有名なヴィクトリア州立図書館は

本当に感動しました。

IMG_7340.JPG IMG_7357.JPG

どうでしょう?

みなさんもメルボルンに行きたくなりましたか?

紫外線が強いので、サングラスと日焼け止めをお忘れなく。